夜の急変にあわてないためには

突然ですが、想像して下さい。今は夜です。

  • 仕事から帰ると、家が吐きあとだらけでグチャグチャ。愛犬がゲーゲー吐き続けている。
  • 愛猫が何度も何度もトイレに行っている。トイレの度に「ニャー!!」と叫んで辛そう。
  • 愛犬が急にハアハア言い出して動かなくなった、いつもはもっとはしゃいでいるのに…。
  • 「ドン!」という音と叫び声がしたので見てみたら愛猫がびっこを引いている。骨折??


これらは実際に良くある相談です。

さて、あなたならどうしますか?

どんな行動をするでしょうか?どんな気持ちになるでしょうか?
少し目を閉じて想像してみて下さい。

不安のデメリット

どうでしょうか?
スムーズな対処が出来ましたか?
不安を強く感じませんでしたか?

実際に夜間急患の対応をしていると、電話口の向こうでパニック状態になっている方が珍しくありません。
気持ちは良く分かるのですが、動物からしてみるとこの状態はあまりいい事がありません。

不安が強い事によるデメリット

  • 飼い主さんの精神衛生上よろしくない
  • 動物にも伝わる
  • 獣医師との良いコミュニケーションの妨げになる

では、どうしたらこの不安を減らす事が出来るでしょうか?

不安は「分からない事」「経験した事が無いもの」に対して起きやすいものです。
なので以下の準備をしておく事が重要になります。

夜の急変に備えて準備しておきたい事

a:40411 t:6 y:6